やすさのヒミツを大暴露|敷金礼金なしの家が狙い目

ウーマン

マイホームよりも気楽

ウーマン

賃貸住宅はいつでもすぐ引っ越すことができたり、希望のエリアに住宅を見つけやすいという理由で一戸建てよりも賃貸住宅を選ぶ人も増えています。契約してから「失敗した」とならないように、きちんと自分自身の目でその物件や周辺の環境のチェックを行うことが大切です。

もっと読む

人気エリアに住む

空き部屋

高級賃貸物件のプラザタワー勝どきを借りる場合、お得なキャンペーンをうまく活用することです。また、気をつけることは、賃料だけに目が行くのではなくサービス面も充実しているところは、管理費や駐車場代 も高いため、トータルでいくらかかるのか確認することです。

もっと読む

賃貸物件への入居に際して

ウーマン

準備資金の大幅な軽減

賃貸物件に入居するにあたっては、まずその物件を保有しているオーナーと契約を結ぶ必要があります。この契約は個人間で行うこともできますが、いわゆる不動産仲介業者を介して行うのがより一般的となっています。この契約に際して必要となる費用をまとめて、初期費用と呼びます。その内訳としては、敷金と礼金、家賃の前払い金や火災保険などの保険料、さらに不動産仲介業者の支払いとなる仲介手数料などが含まれます。これらの初期費用のうち、敷金と礼金、また仲介手数料に関しては、契約を交わす物件の家賃一ヶ月から二ヶ月程度の出費になるのが一般的です。しかし、敷金礼金なしや礼金なし、仲介手数料なしの物件も見かける機会が増えています。これらの「なし物件」を見つけることで、初期費用の大幅な節約に繋がります。

0円が可能な理由

やすさのヒミツを大暴露していきます。一般的な初期費用が掛かる物件となし物件を比較した場合、たとえば家賃五万円の場合には、前者がそれぞれ家賃の一か月分して15万円が掛かるのに対して、後者は0円になり、それだけで初期費用として15万円の節約に繋げることができます。もちろん、全ての初期費用なしの物件は少ないですが、敷金礼金なしや仲介手数料なしといった個別の条件であれば比較的探しやすいため、積極的に探してみるといいでしょう。またこれらの条件は、いわゆる事故物件であるためなどの理由で生じているのではないため、安心して契約を交わすといいでしょう。たとえば、礼金は物件のオーナーに支払う払い切りの出費ですが、築年数が経過して、入居者がなかなか埋まらない物件においては、これを取らない判断を下すオーナーが数を増やしています。また仲介手数料に関しても、契約者からではなくオーナーから仲介手数料を取っていたり、不動産仲介業者自体は運営を行なっている物件においてこの条件が提示されているため、不動産仲介業者は利益ゼロで仲介業務を行なっているわけではないのです。

賃貸物件の選び方

集合住宅

賃貸物件の初期費用を抑えたいのであれば、礼金なし物件を探すのが一番です。敷金は退去する際に原状回復のお金として使います。その為、長期的な事を考えるのであれば、物件を借りる場合は礼金がない物件を借りる方が良いです。

もっと読む